I ❤︎ U kawaii



あたたかくなり、海散歩も心地よい季節になりました。

そんな散歩中、いつかの海で、出会ったメッセージ。

a0228480_10441124.jpg


































好きだなあー
シンプルでまっすぐな言葉。

鎌倉デート中に書いたのかしら!? きゃあきゃあ、と、
おばさんは妄想してしまいます ^^

=================================================
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ 鎌倉の地元情報がいろいろ♪いつも参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 住まいブログへ いろいろな住まい、見ているだけで勉強になります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 皆さんのライフスタイルの素敵さに...ただただうっとり(笑)

[PR]
by momo-kamakura | 2016-03-04 10:48 |  in 鎌倉 | Comments(0)

海と smile と

2015年が始まって、もう20日ほどが経過。
はや!...

書いておかないと早速忘れてしまいそうな今年の抱負。
ちなみに、2014年の抱負はこんな感じでした。

今年は、smileの年にする!
というのが抱負です。

昨年は、3月にアズキちゃんが生まれて、2人育児がスタート。
ほっこり、あたたかな幸せを噛みしめつつも、「毎日が繁忙期」と言っても
過言では無い日々でした。

産後のホルモンバランスもあるのでしょうが、時に、子どもに向かい合いすぎたり、
気分転換がうまくできなかったりして、自分が自分でないような、悪循環に向かって
進んでいる〜〜〜ということが何度かありました。
とてもとても反省しています。

特に、小さな子どもたちに一番近い存在の母親が笑顔でいる、というのは
とっても大切なこと。

なので、今年は、自分の笑顔が、家族にも、まわりの人にも広がっていくような、
あり方を心がけたいと思います。
これは、小さな小さなアズキちゃんが、その笑顔を通じて教えてくれたことでもあります。

a0228480_21555385.jpg

こちらは、今日の由比ケ浜。

小さな小さな私の思いも、今年も海のパワーが応援してくれそうだなあー

海風を浴びて、波を感じて、砂の変化を見つめて。地平線に目を細めて。
自分をニュートラルにしながら、感謝を忘れずに笑顔で過ごそう!
と思っています。

□□□
実は、料理の腕を上げたい...というのも優先順位上昇中の目標です^^

更新が無い間も応援クリックありがとうございました!本当に感謝です!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
[PR]
by momo-kamakura | 2015-01-19 22:18 | はじめまして&ごあいさつ | Comments(0)

久しぶりに偏愛音楽話を。

ワールドカップ開催中のブラジルからやってきた、Marisa Monteの DVD
Verdade, Uma Ilusão Tour 2012/2013
をヘビーローテーション中です♪

「名曲!」と感じる曲も多く、照明や映像も本当に美しくてステキです。

特に好きなのは "Verdade, Uma Ilusão"。
この照明(?) どうなっているんでしょう。本当にキレイだなあ。


   
  「真実」     それは「幻想」
 
  「真実」     その名前は「嘘」

Marisaの美しい声が歌う、心に刺さるようなドキッとするような歌が
続く、じっくり味わいたいDVDです。

□□□
Marisa Monteを知って約15年...  
最近、ますますステキになったなあ〜と思います。

いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
[PR]
by momo-kamakura | 2014-06-25 22:32 | 音楽 | Comments(0)

Be the change

子育てをする上での女性への過大な負担、
女性・母親が仕事をする上で不利な点、などなど。

自分自身がその身になってから、これらにまつわる女性の意見や
考え、情報が以前より多く入ってくるようになりました。

うんうん、と頷くことが多いけれど、ふと感じることがあります。
「文句を言ってるだけ」になるのは避けようよ、気をつけようよ、と。

ガンジーの言葉と言われる(諸説あるようです)この言葉。
時々思い出して、自分自身に言い聞かせています。

"Be the change that you wish to see in the world."

a0228480_22552714.jpg

ある方の仕事部屋に貼ってあるのを見て、初めて知った言葉です。

実は、この方にはお仕事で大きなご迷惑をかける失敗をしてしまったことがあり、
大反省と共にお詫びを伝えたところ、「未来志向で!!」とだけ言って、
次の展開へと話を進めてくださいました。

きっとたくさんのことを飲み込んで、かけてくださった言葉。
難しかったに違いないポジティブさに驚き、感動、感謝しました。

部屋に貼ってあるガンジーの言葉を実行してくださったのかなあ、とも思いました。

こんなことも、なぜだか急に思い出して、改めてありがたく感じたり
見習いたいな、と思ったり。

□□□
改めて忘れないように書いてみましたー
最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。ぽちっと応援して頂けるとうれしいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by momo-kamakura | 2013-05-26 23:09 | 思うこと | Comments(3)

"Redescobrir"

先日の偏愛音楽記事の続き...

Maria RitaのRedescobrirからもう1曲。




アンコールの最後に歌われ、タイトル曲にもなっている"Redescobrir"。
Luiz Gonzaga Jr.の曲です。
お父さんのLuiz GonzagaもこのLuiz Gonzaga Jr.も、ブラジルの方たちに本当に愛されていて、すてきだなあーと思います。


シックな、バンドの男性たちが後半で変身。

こういう感じ、このかたちがブラジルなんだよなあ〜
となんだかしびれました。
 
この曲とこの演奏、これに全部が詰まっている、という気がしました。
Elisの魂、Maria Ritaのメッセージ、ブラジル音楽のこころも。

DVDの最後に映し出される、Maria Ritaのことば。
  「Elisは、自分の考え・信念・意見を歌いました。
   音楽という形をとった彼女の考えは、永遠です。
   (没後)30年間、彼女の音楽は生き続け、人々を動かし続けています。
   彼女はいつも民衆の立場にたち、ブラジルのために闘いました。
   彼女は、どこかに行ってしまったのではありません。
   いつもいたいと願っていた、人々の心の中に生きています。」


自分の没後に、自分が歌った曲を娘が歌い、こんなに素敵な場所・時間を作り出し、
たくさんの人と一緒に楽しむことがあるなんてElisは想像もしなかっただろうなあ。

後のことを心配することは多いかもしれないけど、こういう楽しさを信じたり
妄想するのもいいかもしれない。
なんてことも思ったりしたのでした。

□□□
これ以外にもたくさんすてきな演奏が。
やっぱりMiltonの曲はいいなあ〜とか、新しい音楽家の発見も。
YouTube検索に忙しいのであります(笑)

今日も偏愛記事におつき合い頂いてありがとうございましたm__m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by momo-kamakura | 2013-05-08 23:45 | 音楽 | Comments(0)

久々に偏愛音楽のことを。 よろしかったらおつきあいください〜

2年分の大人買いしたDVDのうちの1枚、Maria RitaのRedescobrirについて。




momo妻にとってのブラジル人女性シンガーのトップ2人は、Elis Regina(wiki)とGal Costa(wiki)です。
(どーでもいいかもしれませんがElisは「Elis大先生」、Galは「Gal先輩」って感じ いやどーでもいいですね... ^^;)

Elis Reginaは、1960-1970年代に活躍した人で、1982年に亡くなりました。
その伸びやかでパワフルな歌声が大好きです。

そして、娘であるMaria Ritaが彼女の曲を歌ったのがこのDVD"Redescobrir"。

当初は母親の曲を歌うことを拒否、というか、自分のキャリアにとっての意味を見いださなかった
ようですが、母の没後30年を機に、その音楽を紹介したい、という思いに至ったそうです。

私自身、初めて知る曲もたくさん。
Redescobrir(英語だと"rediscover")というタイトルの通り、改めて発見する、
気づかされることもたくさん。

その中のひとつが、「曲の力」でした。



独裁政権の時代に書かれ、歌われたこの"Como nossos pais"(「親たちと同じように」)。
以下はへなちょこ翻訳ですが

  息子*よ、私はレコードから学んだことの話はしたくない
  自分がどう生きてきたか、何が起きたのかを全て伝えたい
 
  夢を見るよりも生きる方がまし 
  愛はすばらしいこと
  そして、歌は、どんな人の人生よりもちっぽけなもの

  だから気をつけて、街角には危険が潜んでる
  彼らが勝って、若者には世界が閉ざされた
  でも あなたの腕、唇、声は、仲間を抱きしめ、ガールフレンドにキスをするためのもの
  
  私の情熱について質問があるみたいだけど
  私は、まるで新しい発明をしたみたいに喜びを感じている
  この街に残る、田舎には帰らない
  だって、新しい季節がやってくる香りがする 風の中に
  この胸に赤く刻まれた傷が全て教えてくれる

  あなたが街に立って、髪を風に吹かれているのを見るのは久しぶり
  若者たちが集まっている
  でも、私の記憶の中で、このことが一番辛い
  私たちは自分たちにできることを全てした
  それでもまだ私たちは同じ
  親たちと同じように生きている

Maria Ritaの声の力強さ・迫力の一方で、
新しい動き、変化を起こしてきたつもり、でも、結局は昔と同じことをなぞっている...という
ようなどこかやるせなさが最後に残る詩。

その感じを多分共有している人たちとこの曲。
Elisが歌った当時のことを思い、そして今のことを思いながら何度も聞いています。
*息子は、momo妻の意訳。「仲間」等でもよさそうです

□□□
そ、そ、そういえばこのアルバムからバンドに加わっているギタリストのDavi Moraes。
Maria Ritaと結婚したなんて最近まで知らなかったyo!
彼についてはまたいつか改めて... この人のモテ方は研究に値します(笑)

おつきあい頂きありがとうございました!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by momo-kamakura | 2013-05-02 21:53 | 音楽 | Comments(0)

子どもが生まれてから、「(家事や子育ては)手抜きしていいのですよ」と
声をかけてもらったり、ちょっとした書き物で目にすることがあります。

「あはは〜 ありがとうございます」なんて言っていましたが、
なんだかどこかに違和感がありました。

声をかけてくださる方にも特別な意図は無いのだろうし、あたたかいお気持ちに
感謝をしています。
大意としては「リラックスしてね」ということだろうから考えすぎる必要もないのです。

でも、この違和感の理由は、どうやら「手抜きしていいよ」と言われるのがキライだから(笑)。

①手抜きできるところはもう抜いている(はい、かなり..)
②どちらにも大まじめに取り組んでいるつもりなので、そう簡単に手を抜きたくない
(無理し過ぎはいけないのですけどね ^^)
③手抜きしたツケの対応は、一体誰が...というそもそも。


a0228480_22513377.jpg

一方で、ほっとするのは「息抜きしながらね」という言葉。

同じ「抜く」でも全然違って、すっと胸に入り、うん、息抜きしながらやっていこう、と
思うのです。
小さなクロマメくんとの時間は、笑いやほっこりがありつつも、常に安全に気を配ったりと
結構な緊張状態。息抜きがなかなかできないのですよねー


ああ、きっと私にフィットするのは

息を抜いて
力を抜いて
たまには気も抜いて
やりたいようにやる(笑)

なんだなあとわかってきた今日この頃です。
春の空気を大きく吸って、笑顔でいこうー

□□□
ちなみに「手抜き」と言われるとイヤだけれど、「効率化」というのは好きなのです。
面倒くさいワタシ。。

いつも応援のポチをありがとうございます!とても励みになっています☆感謝〜
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by momo-kamakura | 2013-03-28 23:06 | 思うこと | Comments(10)

「生きている」こと

3月11日。

その響き、文字、それだけで胸がきゅっと締めつけられる日付。

東日本大震災から2年がたった今日、鎌倉でもいろいろな行事が行われています。
が、なぜかそういうものに参加する気がおきず、あの巨大な力を持った自然に
直接向き合いたい、と思い海で祈りを捧げてきました。


自然の巨大さ
数多すぎる犠牲 ひとつひとつの命
残された家族や友人の方々
まだ続く避難生活
たくましさ
resilience
solidarity
知恵

本当は必要無いはずの、複雑で面倒な仕組み
今すぐ自分で変えられる/できる、小さなことたくさん


今日は穏やかだった波を前に、いろいろなことが頭をよぎります。

そして、最近ブラジルのDVD字幕で見た表現をふと思い出しました。

あるアーティストへのトリビュートライブのDVDなのですが、
「彼女が亡くなってから ○ 年」と書きそうなところを、「彼女と彼女の
音楽が私たちの心で生きて ○ 年」という表現がされていて、はっとしたこと。


生きている、生かされている、このことに感謝して
帰ってきました。

□□□
うまく言葉にできないけれど、なぜか残しておきたい、と思いました。
伝わりづらい文章ですみません。
[PR]
by momo-kamakura | 2013-03-11 17:26 | 思うこと | Comments(0)

クロマメくんの4ヶ月検診。出生時から、これだけ大きくなりました。

身長 46.0 cm → 59.5 cm 
体重 2,480 g  → 5,300 g
胸囲 29.5 cm → 39.0 cm
頭囲 30.5 cm → 41.0 cm

4ヶ月で身長が13cm伸びるってなんだかモノスゴイことですが、
予定日より2週間早く、小さめサイズで生まれたクロマメくん。
今も「成長曲線」下限ラインのさらに下に位置しています。

母乳のみで育ててきましたが、小児科では、粉ミルクを足すように指導を受けました。

母乳は、どのくらい出ているのかどうか、自分でも量がわかりません > < 
必要ならもちろん粉ミルクと混合にしなくてはいけない、でも、あと1ヶ月少しで
離乳食に移るこの時期、慣れない粉ミルクや哺乳瓶で混乱が起きるのも避けたいなー..と、
相談のため母乳外来に行ってきました。

a0228480_7591990.jpg

出産したティアラかまくらでの母乳外来。
結論としては、母乳はまだ十分出ているから、引き続き母乳のみでいけるよ、と
いうことでした。

帰宅後、momo夫と相談し、体重等をきちんとチェックしながらもう少し
母乳のみでいこう、ということにしました。

a0228480_7591854.jpg

もうすぐ5ヶ月になるクロマメくん。
24時間ずーっと翻弄されていますが、その顔を見ると、どんなに疲れていても
とてもとてもあたたかいものが体の中から満ちてきて、自然と笑顔になります。
本当に不思議。

一方で、2ヶ月を過ぎた頃から、ホルモンバランスの関係で抜け毛がすごい > <
シャンプーの時も、普段なら4−5本かな?という抜け毛が、2−30本はいっちゃいます。

母乳育児ということから、体重の減りも早く。
妊娠中に8kg増えた体重は、出産して9kg減りました。
やせ過ぎ傾向にあるので要注意。
身を削っているつもりは無いのですが、勝手に「削れてる」感じです(苦笑)。

a0228480_8281572.jpg

母乳外来では、助産師さんとのおしゃべりで、妊娠中、出産、入院中、1ヶ月検診の時の
様子を振り返りました。
クロマメくんのことも、母であるmomo妻のことも全て記録に残っています。

そんななか、「落ち着いたいい感じのお母さんになりましたね」と
言ってくださいました。

正直、少し泣きそうでした。
言葉自体も嬉しいですが、ずっと見守ってくれている、そのこと自体が
とてもありがたくて。

退院前に「何か相談したいことがあったら、どんな小さなことでも大丈夫だから
電話していいんだよ。24時間、ずっと誰かはいるから」と何度も念押ししてくれた
スタッフの皆さん。

実際、小さな相談のために夜11時頃に電話したこともありました。
その時も、「遅くまでおつかれさまです。がんばって」という言葉に泣けちゃったのでした。

家族や友達以外の人たちも見守っていてくれる、そのありがたさを改めて感じた
生後4ヶ月でもありました。

□□□
最近髪の毛が伸びてきたクロマメくん。
中央部分だけ伸びが早く..ソフトモヒカン風です(笑)

ランキングに参加しています。ぽちっと応援して頂けるとうれしいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by momo-kamakura | 2012-03-25 22:31 | マタニティ・子育て | Comments(6)

words to mothers

出産報告をした時に、海外のお仕事パートナーがメールをくれました。

 Take lots of rest,
 see beautiful things,
 think positively so that, as people say,
 those traits get transmitted to your child.
 Take good care of yourself.

a0228480_134976.jpg

 よく休んで、
 美しいものを見て、
 ポジティブな考え方をして。
 こうしたことが、赤ちゃんに伝わっていくそうだよ。
 自分自身をいたわってあげて。

□□□
あたたかく、やさしいメッセージ。
バングラデシュの男性(ちなみにおじさんです)からでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

[PR]
by momo-kamakura | 2012-01-05 13:13 | マタニティ・子育て | Comments(4)